将棋の館−盤上のドラマ−/想いをはせて・・・/晩学の志

晩学の志

 現在活躍中の棋士達を見ていると、やはり幼いうちから将棋を始めた人が多いようですね。
 しかし、森・藤井・斎田といった人達は、晩学ですね。

 −以下の話しは、森さんが本に書いた話を、お届します。−

 森さんが将棋をやり始めたのは16歳のとき。何気なく近所の将棋クラブに入った彼は、初段
のおじいさんに2枚落ちで教えてもらった。
 しかし何度やっても惨敗。あんまりこっぴどく負かされるので、カッとなった。この瞬間、彼
の運命は決まったのだ。
 ひたすら指して指して指しまくった。三ヶ月で初段。四ヶ月で二段。五ヶ月目には三段以上で、
その道場で一番強くなっていた。
 五段ぐらいになったとき、クラブに一人の若者がやってきた。強いというので手合わせしてみ
たら、この男の強さはケタ違いだった。平手で負け、香落ちで負け、角落ちでも負かされた。
 月に一度くらい、フラっとやってくるわけだが、もっとこの男とたくさん指せないものか。
 調べてみると、奨励会員とのこと。−道理で強いわけだ。
 じゃあ、奨励会ってとこに入れば、この男と指せるのか、よし!
 というわけで、森さんは奨励会に入会したわけです。

 私は何事にも一芸に秀でるには、やはり早い時期から始めた方がいいという考えを否定はしな
い。
 しかし、人間が本当に自分の進むべき道に気づくには、回り道をすることもあると思う。
 その時に、”もう遅すぎる”ではやりきれないものがある。
 彼らの活躍は、”何かを始めるのに遅すぎるということはない”ということを教えてくれている。
 



気高き米長理論

最高段位と勝星昇段

酒と将棋とスポーツクラブ