将棋の館−盤上のドラマ−/想いをはせて・・・/名人−選ばれしもの

名人−選ばれしもの


”名人とは将棋の神様に選ばれたものである−
 いかに技量がすぐれていても、将棋の神様に選ばれなければ名人にはなれない”

 中原名人の最盛期ぐらいまで、言われつづけていた言葉である。
 僕は、この言葉が大嫌いだ。一見、名人の権威を高めているようなこの言葉は、
実は名人戦を戦うものたちを冒涜しているような気がする。
 名人戦の勝者が名人になったのは、神様なんぞに選ばれたからではない、強いからだ!
 また、名人戦に敗れ傷ついた敗者を、”君は将棋の神様に選ばれなかったんだよ”と
言葉でも傷つけるつもりか!
 素人がエラソウに言わせてもらえるのなら、名人は選ばれるものではない、勝ち取るものだ!
 米長永世棋聖−彼もかつては”名人は選ばれしもの”と言ってはばからなかった。
 しかしそれは自分で自分を苦しめる言葉となった。七度名人位に挑戦しても、彼はなお”選ばれなかった”
 のだから・・・
 8度目の挑戦で、中原を降したとき彼は言った。
 ”名人は、”選ばれるもの”ではなく”奪い取るもの”なのですね・・・”
僕はこの言葉が好きだ・・・





3月・順位戦の想い出

私が座る場所がない 席次問題

酒と将棋とスポーツクラブ