将棋の館−盤上のドラマ−棋界最強者列伝/深謀遠慮の合い駒

深謀遠慮の合い駒

−第56期B級順位戦−VS青野

−第56期B級順位戦−VS青野


    
  上図は後手四間飛車VS先手鷺宮の終盤戦。普通は、△72歩の合い駒を考えたくなるところ。

    △72香▲48銀△76歩▲88馬△44角▲66歩△62角▲65歩△同銀▲39歩△77銀
  ▲同桂△同歩成▲同金△66桂▲69玉△77香成▲同馬△87香成▲同馬△89飛▲79香
  △78歩まで、村山勝ち。

  △72香が深謀遠慮の好手。▲48銀に対する△76歩が決め手で、▲88馬に△44角と打って
 将棋は終わった。
  △44角に▲同馬は△87香成▲同玉△89竜▲88角△77歩成▲同馬△76銀打▲97玉
 △85桂▲86玉△75銀までの即詰み。最後に”△75銀”と出れるのが、△72香の威力。
  
  この一局はB級順位戦の最終局で、青野が負けて内藤が勝つと、青野の降級が決まる一番だった。
  一方、村山と丸山(内藤の対戦相手)は、ともにA級への昇級を決めており彼らにとっては勝っても
 負けても関係ない−いわば消化試合だった。
  しかし勝ったのは村山と丸山!トッププロにとって、消化試合などは存在しないのだ!





必殺の一撃! 第56期B級順位戦−VS森鷄二

酒と将棋とスポーツクラブ