将棋の館−盤上のドラマ−棋界最強者列伝強手でライバルに逆転勝ち!

強手でライバルに逆転勝ち!

−第10期竜王戦−VS羽生

−第10期竜王戦−VS羽生

MURAYAMA1図

    名人になりたかった。彼は名人になりたかっただろうと思う。他人よりも”持ち時間”の少ない
 ことを、恐らく敏感な彼は察知していたに違いない。
   しかし、そのためには目の前の相手−羽生善治を倒さねばならない。
  この対局当時、羽生は5冠。ほぼ1年前、”夢の7冠”を達成したものの、その後棋聖戦で三浦に
 竜王戦では谷川に敗れている。

 MURAYAMA1図からの羽生の指し手は巧妙を極める。

    ▲56飛△24飛▲27歩△42角▲75歩△82歩▲76飛△75歩▲同飛△61金

  82に歩を打たされ、されに折角寄った金を61に戻されては・・・先手好調を感じさせる。

  激戦は続き、MURAYAMA2図。次の1手が村山の実力を示す1手。

−第10期竜王戦−VS羽生
MURAYAMA2図
  △75飛▲66銀△74飛▲73角成△同飛▲52銀△同玉▲32飛成△71飛以下、村山勝ち ▲52銀が見えているのに△75飛!▲52銀なら△同玉▲32飛成△55飛。   ▲66銀は飛車を追い、角を切る狙いだが△73同飛が好手で▲32飛成に△71飛がぴったり。 これ以降も激戦が続いたが、先手の79歩が最後までたたり、124手で村山が羽生を降した。   しかし、この3日後のA級順位戦最終日、村山は島に破れ陥落の憂き目をみる。   今思えば、この時病魔は確実に彼の体を蝕んでいたのだろう・・・
術後、深夜の死闘!神よ、村山のために泣け! 第56期B級順位戦−VS丸山

酒と将棋とスポーツクラブ