将棋の館−盤上のドラマ−平成最強者列伝/誰も気づかなかった絶妙手!

誰も気づかなかった絶妙手!

第5期竜王戦七番勝負第1局VS羽生戦

第5期竜王戦七番勝負第1局

TANIGAWA1図

    3冠vs2冠!平成4年(1992年)の竜王戦は今後の将棋界の中心を決める大一番だった。
  さてTANIGAWA1図の次の1手は”常識外”の1手!

    TANIGAWA1図以下△57桂▲79玉△76歩▲同銀△同飛▲54銀△同玉▲55歩△同銀▲24飛△同歩▲65角
          △64玉▲76角→TANIGAWA2図
    歩が成れるところへわざわざ△57桂!当時谷川は結婚後初のタイトル戦。
  ”新婚ボケか?”控え室の口の悪い人は言ったとか・・・
  さらに▲65角に対し敵歩を取らずに△64玉!この手にも控え室は首を傾げていた。
  実はTANIGAWA2図は後手の勝ちである。しかしそれに気づいたものは誰もいなかった。
  たった一人、谷川浩司をのぞいては・・・

誰も気づかなかった絶妙手!
TANIGAWA2図
TANIGAWA2図以下△68銀▲89玉△88歩▲同金△79飛▲98玉△89銀▲同金△同飛成         ▲同玉△88銀まで谷川勝ち △68銀!羽生も見落としていた絶妙手で、これで全てが終わった。   ▲同玉は△69飛▲58玉△49飛成▲67玉△66歩▲68玉△69竜まで   ▲68同金は△59飛。このとき▲69歩が利かない!そのために△64玉と、敵歩を取らずに逃げたのだ!   ▲69銀合なら△同桂成▲同金△78歩▲68玉△57飛成▲同金△同歩成以下、もらった銀を手にしてぴったり詰み!   例えば、TANIGAWA2図だけをじーっと眺めていれば、あるいは△68銀に気づく人はいるかもしれない。しかしTANIGAWA   1図の段階で、ここまで読みきれるだろうか・・・   しかしながらこの七番勝負は3−4で谷川敗れる。棋界はこれ以降、羽生を中心にまわっていくのである。
詰め将棋ばりの1手

塚田スペシャルに引導!

酒と将棋とスポーツクラブ