将棋の館−盤上のドラマ−平成最強者列伝/絶妙の中合

絶妙の中合

第62棋聖戦VS羽生戦

第62期棋聖戦第1局

TANIGAWA

    図は平成5年(1993年)の棋聖戦5番勝負第1局。まさに谷川VS羽生の頂上対決まっさかりの
  頃の一局。
    図の▲48飛に△51玉なら詰まない。しかしそれは▲78飛と銀を取られて負け。
    ”万事休す”か・・・
  
    上図以下△47角▲同飛△51玉▲53香△62玉▲42飛成△71玉
  まで谷川勝ち

    ▲78飛を許さない△47角のただ捨て!詰め将棋の本では見たことがあるが、実戦で
    大駒の中合は初めて見た。それでも▲78飛なら△同飛成▲同玉△69銀以下即詰み。
 この頃は勝ちっぷりは谷川の方が断然鮮やかだが、最後の勝利はいつも羽生が握っていた。





死闘制す名手

詰め将棋ばりの1手

酒と将棋とスポーツクラブ