将棋の館−盤上のドラマ−/棋界エピソード集/平和主義者

平和主義者


 四段昇段以来、毎年昇級・昇段。18歳でA級八段となり”神武以来の天才”と謳われた加藤一二三。

しかし大山や中原、当時の第一人者の壁は厚く、長い低迷期を迎える。

 昭和50年代に入り、加藤は復活。

 タイトル戦の常連となり、タイトルもいくつか獲得、二冠王にも輝いた。

 加藤の絶頂期、その重厚で迫力のある攻めに”重戦車”のニックネームをつけたマスコミがあった。

 もしも、この時加藤が異議を唱えなければ、このニックネームは定着していたかもしれない。

 
私は平和主義者ですから
と、敬虔なクリスチャンでもある加藤、やんわりとこのニックネームを拒否した。  いかにもまじめな加藤さんらしいエピソードだなと思う。
伝説・滝を止めた男

習う心

酒と将棋とスポーツクラブ

棋界エピソード集