将棋の館−盤上のドラマ−/棋界エピソード集/愛のムチ

愛のムチ


 若き鈴木輝彦奨励会員のお話し。

  鈴木奨励会員は、序盤苦戦の将棋を終盤、好勝負にこぎつけた。
 しかし最後に悪手を指して負けてしまった。
  どうしたって局後の検討は終盤になる。
  
 ”ああ指せばよかったのではないか。これならどうだ。”と。
 それを見ていた真部幹事、
  ”そんなところはいいから、もっと前(序盤)を検討しろ!”
  しかし、若かった鈴木青年は納得しなかった。
  
  鈴木”僕はこの手に命を懸けているんだ!”
  真部”バカヤロー!命懸けだろうが、何だろうが、悪手は悪手だ!”
  
  当時は鈴木さんはこの言葉の意味はわからなかった。
  しかししばらくして、感謝するようになったという。





”負けたやつでも食っていける。将棋の世界は甘いところだ。”

ゴミハエ問答

酒と将棋とスポーツクラブ

棋界エピソード集