将棋の館−盤上のドラマ−/棋界エピソード集/”負けたやつでも食っていける。将棋の世界は甘いところだ。”

”負けたやつでも食っていける。将棋の世界は甘いところだ。


 昭和52年の名人戦挑戦者は新進気鋭の森鶏二八段(当時)だった。
 ”剃髪の挑戦者”と言えば、”ああ、あれか”と記憶されている方もいると思う。
 シリーズ中の彼の発言は、いろいろと世間を沸かせたが、上記タイトルもそのひとつ。
 思わず唸ってしまったのを覚えている。





大名人、若き日の涙

愛のムチ

酒と将棋とスポーツクラブ

棋界エピソード集