将棋の館−盤上のドラマ−/棋界エピソード集/大名人、若き日の涙

大名人、若き日の涙


 若き頃の大山康晴は、ある日、ある土地の有力者の前で、松田茂行と将棋を指す
ことになった。
 結果は松田の勝ち。その有力者曰く、”ワシは強いモンが好きじゃ。今夜は松田君にだけご馳走するこ
とにしよう。”
 ”これほど悔しかったことはない。”
 若き大山青年はハラハラと涙をこぼしたという・・・
 のちの大名人・大山先生の若き日のエピソードです。大山先生ですら、このような下積みがあったので
すね。





若手キラー

”負けたやつでも食っていける。将棋の世界は甘いところだ。”

酒と将棋とスポーツクラブ

棋界エピソード集