将棋の館−盤上のドラマ−/棋界エピソード集/我こそは早指しの雄!灘VS花村

我こそは早指しの雄!灘VS花村


 ともに故人となられた灘蓮照先生と花村元司先生。このお二人は火花を散らして対決したようです。
 ともに”我こそは早指しの雄!”を自認しているため、相手のことを認めません。
 ”お前なんぞ相手にするのに、持ち時間などいらん!”とばかり二人とも超早指し。
  記録係がついていくのが、大変なほど・・・
 そしてどうしても考えなければならないときは、盤をみない。
  顔をそむけてソッポを向いてタバコをくゆらせながら、考えていたそうです。
 ”俺は考えているんじゃないぜ”といわんばかりに・・・
 今はこんなに個性と個性のぶつかり合いって、あるのだろうか?





昔は人間臭い戦いがあった

酒と将棋とスポーツクラブ

棋界エピソード集