将棋の館−盤上のドラマ−ふぁいとー!”あじあじ”/辛抱の一手

辛抱の一手

インターネット将棋倶楽部24オープン記念2面指し−対yuichi satoさん戦

1図:譜面は先後逆です


    昨年10月、インターネット将棋倶楽部24がオープンしました。席主の久米さ
  んの人柄は最高です。
    また、ここの人たちは強いですよ。”級位者”の方であっても、よそにいけば
  ”有段者”で指せる人が多いかもしれません・・・
    本局はその記念対局。ゲストとして招待された安食先生(他に勝又先生も!)に
  対するはのちに第1期の”倶楽部竜王戦”準竜王となるyuichi satoさん。強豪です!

    1図からの指し手△83銀▲61銀△52金左▲72銀不成△同金▲24金
          △35飛▲同馬△同金・・・

  安食先生苦戦。しかし次ぎの△83銀が久米氏激賞の一手。

  久米氏評
  ”悪いながらも、決め手を与えない、辛抱の一着。75銀や、75桂などでなく、
   自陣を引き締める83銀!この銀打ちで後手陣がしまりました。本局のハイライトでしょう。
   安食女流の底力と、女流の意地を感じたしだいです。”

  この辛抱が先手の2つの疑問手、▲61銀・▲24金を誘ったのでしょう。▲61銀では▲95香
  から▲85歩で依然先手よし。(久米氏評)特に▲24金は罪が重く、大事な馬との交換となって
  ついに形勢は互角に・・・

2図:譜面は先後逆です
AJIAJI
2図からの指し手△65桂▲95香△56馬▲93歩成△73玉▲83と△同銀▲36金           △57歩▲59金△43香▲45香△同香▲同金△43香▲44香△同香▲同金           △47歩成▲同金△46桂まで、安食先生の勝ち 激戦は続き、2図の局面。ここで△65桂が逆転の一手。   久米氏評 ”玉を広くしながら攻めをにらんだ決め手。ついに逆転。あとは、安食さんの落ち着いた    寄せをみるばかりです。佐藤さんは、惜しかったです。” 結局この日の安食先生は4勝1敗でした!(皆さん、お疲れ様でしたー!)”
残念譜