将棋の館−盤上のドラマ−/七冠ストーリー/棋聖位−幕末最強者にあやかって

棋聖位−幕末最強者にあやかって


  昭和37年、それまで四社連合として王位戦の共催をしていた産経新聞が独立。
5番目のタイトル戦を主催。”棋聖”という名はやはり幕末最強棋士”天野宗歩”にちなんだものでしょう。
 この棋戦は5番勝負。つまり1日指しきり制。そして平成6年まで年2回、行われていました。
 それまでのトーナメント方式から、何を思ったかサッカーのワールドカップのごとく、途中で
4組のリーグ戦を行い各組上位2名が決勝トーナメントに進出するという、複雑なルールになってしまいました。

※2010年度より、現行のトーナメント方式の予選に変更。

 若手の台頭がみられるのがこの棋戦の特徴でしょうか。
 昭和42年後期、前期にようやく宿願の打倒大山を果たした山田道美の前にあらわれたのは、
研究会で彼が弟のように可愛がっていた中原誠五段。弱冠二十歳の挑戦者でした。今でこそ低
段、低年齢のタイトル挑戦・獲得は珍しいことではありませんが、当時としたは非常に珍しい
ことでした。
 そしてあろうことか、中原が出だし2連勝。タイトル獲得にあと1勝と迫りました。
 ”兄”は苦悩しました。このままストレート負けを喫したら、対局料を返上しようかと・・・
一方”弟”には僅かながら”慢心”が芽生えていました。もう勝った!タイトルだ!と・・・
 しかし第3局から山田は本領を発揮。あとのないカド番の3局を全て跳ねかえし、3−2で
タイトルを防衛しました。
 敗れてがっくりと肩を落とした中原に、棋界の長老が言ったそうです。
 ”君には残念な結果になったが、将来のことを考えたら、この方が良かったのかもしれないよ”
 その言葉通り、翌年中原は再度挑戦権を獲得。3−1で見事に初タイトルを獲得しました。
 敗れた山田は、お祝いとしてシューベルトのレコードを中原に贈ったそうです。
歴代の棋聖タイトル保持者
歴代棋聖位保持者
年度1 年度2 タイトル獲得者 対戦相手 決勝トーナメント
1 S.37後 1962後 大山康晴 ○●○○ 3−1 塚田正夫  
2 S.38前 1963前 大山康晴 ○○○ 3−0 二上達也  
3 S.38後 1963後 大山康晴 ○○●○ 3−1 升田幸三  
4 S.39前 1964前 大山康晴 ●○●○○ 3−2 関根 茂  
5 S.39後 1964後 大山康晴 ○○○ 3−0 本間爽悦  
6 S.40前 1965前 大山康晴 ●○●○○ 3−2 升田幸三  
7 S.40後 1965後 大山康晴 ○●●○○ 3−2 二上達也  
8 S.41前 1966前 二上達也 ○●○○ 3−1 大山康晴  
9 S.41後 1966後 大山康晴 ○○○ 3−0 二上達也  
10 S.42前 1967前 山田道美 ○○●○ 3−1 大山康晴  
11 S.42後 1967後 山田道美 ●●○○○ 3−2 中原 誠  
12 S.43前 1968前 中原 誠 ●○○○ 3−1 山田道美  
13 S.43後 1968後 中原 誠 ○●○○ 3−1 大山康晴  
14 S.44前 1969前 中原 誠 ○○○ 3−0 山田道美  
15 S.44後 1969後 内藤國雄 ●○○○ 3−1 中原 誠  
16 S.45前 1970前 大山康晴 ○○●○ 3−1 内藤國雄  
17 S.45後 1970後 中原 誠 ○○○ 3−0 大山康晴  
18 S.46前 1971前 中原 誠 ○○●○ 3−1 大山康晴  
19 S.46後 1971後 中原 誠 ○●○○ 3−1 二上達也  
20 S.47前 1972前 中原 誠 ○○●○ 3−1 内藤國雄  
21 S.47後 1972後 有吉道夫 ●●○○○ 3−2 中原 誠  
22 S.48前 1973前 米長邦雄 ●○○○ 3−1 有吉道夫  
23 S.48後 1973後 内藤國雄 ●●○○○ 3−2 米長邦雄  
24 S.49前 1974前 大山康晴 ●○○○ 3−1 内藤國雄  
25 S.49後 1974後 大山康晴 ○○○ 3−0 米長邦雄  
26 S.50前 1975前 大山康晴 ○●○○ 3−1 二上達也  
27 S.50後 1975後 大山康晴 ○○○ 3−0 二上達也  
28 S.51前 1976前 大山康晴 ○●○○ 3−1 桐山清澄  
29 S.51後 1976後 大山康晴 ●○○●○ 3−2 米長邦雄  
30 S.52前 1977前 大山康晴 ○●○○ 3−1 森 けい二  
31 S.52後 1977後 中原 誠 ●●○○○ 3−2 大山康晴  
32 S.53前 1978前 中原 誠 ○○○ 3−0 有吉道夫  
33 S.53後 1978後 中原 誠 ○●○○ 3−1 二上達也  
34 S.54前 1979前 中原 誠 ○●○○ 3−1 加藤一二三  
35 S.54後 1979後 中原 誠 ○○○ 3−0 淡路仁茂  
36 S.55前 1980前 米長邦雄 ○○●○ 3−1 中原 誠  
37 S.55後 1980後 二上達也 ●○○○ 3−1 米長邦雄  
38 S.56前 1981前 二上達也 ○○○ 3−0 中原 誠  
39 S.56後 1981後 二上達也 ○○○ 3−0 加藤一二三  
40 S.57前 1982前 森 けい二 ○○○ 3−0 二上達也  
41 S.57後 1982後 中原 誠 ○●○○ 3−1 森 けい二  
42 S.58前 1983前 森安秀光 ●●○○○ 3−2 中原 誠  
43 S.58後 1983後 米長邦雄 ○●○○ 3−1 森安秀光  
44 S.59前 1984前 米長邦雄 ○○○ 3−0 谷川浩司  
45 S.59後 1984後 米長邦雄 ●○●○○ 3−2 中村 修  
46 S.60前 1985前 米長邦雄 ○●○○ 3−1 勝浦 修  
47 S.60後 1985後 米長邦雄 ○○○ 3−0 中村 修  
48 S.61前 1986前 桐山清澄 ○○●○ 3−1 米長邦雄 第48期決勝トーナメント
49 S.61後 1986後 桐山清澄 ○○●○ 3−1 南 芳一  
50 S.62前 1987前 桐山清澄 ○○○ 3−0 西村一義 第50期決勝トーナメント
51 S.62後 1987後 南 芳一 ○○○ 3−0 桐山清澄  
52 S.63前 1988前 田中寅彦 ●○●○○ 3−2 南 芳一 第52期決勝トーナメント
53 S.63後 1988後 中原 誠 ○●●○○ 3−2 田中寅彦  
54 H.元前 1989前 中原 誠 ●○○○ 3−1 南 芳一 第54期決勝トーナメント
55 H.元後 1989後 中原 誠 ●○○●○ 3−2 屋敷伸之  
56 H.2前 1990前 屋敷伸之 ●●○○○ 3−2 中原 誠 第56期決勝トーナメント
57 H.2後 1990後 屋敷伸之 ●○○○ 3−1 森下 卓 第57期決勝トーナメント
58 H.3前 1991前 南 芳一 ●○○●○ 3−2 屋敷伸之 第58期決勝トーナメント
59 H.3後 1991後 谷川浩司 ○○○ 3−0 南 芳一 第59期決勝トーナメント
60 H.4前 1992前 谷川浩司 ●○○○ 3−1 郷田真隆 第60期決勝トーナメント
61 H.4後 1992後 谷川浩司 ○△○○ 3(1持)0 郷田真隆 第61期決勝トーナメント
62 H.5前 1993前 羽生善治 ●○○○ 3−1 谷川浩司 第62期決勝トーナメント
63 H.5後 1993後 羽生善治 ○○●●○ 3−2 谷川浩司 第63期決勝トーナメント
64 H.6前 1994前 羽生善治 ○●○○ 3−1 谷川浩司 第64期決勝トーナメント
65 H.6後 1994後 羽生善治 ○○○ 3−0 島 朗 第65期決勝トーナメント
66 H.7 1995 羽生善治 ○○○ 3−0 三浦弘行 第66期決勝トーナメント
67 H.8 1996 三浦弘行 ○●●○○ 3−2 羽生善治 第67期決勝トーナメント
68 H.9 1997 屋敷伸之 ○●○○ 3−1 三浦弘行 第68期決勝トーナメント
69 H.10 1998 郷田真隆 ○○○ 3−0 屋敷伸之 第69期決勝トーナメント
70 H.11 1999 谷川浩司 ○○○ 3−0 郷田真隆 第70期決勝トーナメント
71 H.12 2000 羽生善治 ●○●○○ 3−2 谷川浩司 第71期決勝トーナメント
72 H.13 2001 郷田真隆 ●○○●○ 3−2 羽生善治 第72期決勝トーナメント
73 H.14 2002 佐藤康光 ●●○○○ 3−2 郷田真隆 第73期決勝トーナメント
74 H.15 2003 佐藤康光 ○○○ 3−0 丸山忠久 第74期決勝トーナメント
75 H.16 2004 佐藤康光 ○○○ 3−0 森内俊之 第75期決勝トーナメント
76 H.17 2005 佐藤康光 ●○○●○ 3−2 羽生善治 第76期決勝トーナメント
77 H.18 2006 佐藤康光 ○○○ 3−0 鈴木大介 第77期決勝トーナメント
78 H.19 2007 佐藤康光 ○○●○ 3−1 渡辺 明 第78期決勝トーナメント
79 H.20 2008 羽生善治 ●●○○○ 3−2 佐藤康光 第79期決勝トーナメント
80 H.21 2009 羽生善治 ○●●○○ 3−2 木村一基 第80期決勝トーナメント
81 H.22 2010 羽生善治 ○○○ 3−0 深浦康市 第81期決勝トーナメント
82 H.23 2011 羽生善治 ○○○ 3−0 深浦康市 第82期決勝トーナメント
83 H.24 2012 羽生善治 ○○○ 3−0 中村太地 第83期決勝トーナメント
84 H.25 2013 羽生善治 ○○●○ 3−1 渡辺 明 第84期決勝トーナメント

個人別獲得回数
順位 獲得 登場 獲得率 獲得者名
1 16 22 .727 大山康晴
1 16 23 .696 中原 誠
3 12 15 .800 羽生善治
4 7 12 .583 米長邦雄
5 6 7 .857 佐藤康光
6 4 12 .333 二上達也
6 4 9 .444 谷川浩司
8 3 5 .600 桐山清澄
8 3 6 .500 屋敷伸之
10 2 4 .500 山田道美
10 2 5 .400 内藤國雄
10 2 6 .333 南 芳一
10 2 6 .333 郷田真隆
14 1 3 .333 有吉道夫
14 1 3 .333 森 けい二
14 1 2 .500 森安秀光
14 1 2 .500 田中寅彦
14 1 3 .333 三浦弘行

永世棋聖資格 通算5期
永世棋聖 大山康晴
  中原誠
  米長邦雄
  羽生善治
  佐藤康光

名人位へ

王位へ

酒と将棋とスポーツクラブ

棋聖位−幕末最強者にあやかって